ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月26日

激しさを増してきたフライブルクのトレーニング

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1469398781

徐々に激しさが増してきたフライブルクのトレーニングキャンプ。土曜の午後にはランニングやスプリント、日曜午前からはみっちっり2時間の練習が行われた。これから五輪に参加するペテルセンは「とにかく疲れたよ」とコメント。


またシュトライヒ監督は2vs2や4vs4のミニゲームも行っており、トレホンはウィンクをしながら「最初のほうは楽しかったね」と語った。


なお月曜日からは軽度の筋損傷を抱えていたルーカス・フフナーゲルが、さらに火曜からはGKアレクサンダー・シュヴォロウも練習に参加。ただしハルヴァルト・ニールセンとアミル・アブラシはまだ我慢が必要となっている。





Hannover 96 v SC Freiburg - BundesligaMF:ニコラス・ヘフラー

練習はいつだってタフなものさ。でも前進しているところは見て取れると思うし、良い感じだよ。とても良い若手を獲得を獲得したし、シーズンにむけてうまくミックスできていると思うね。今年のボランチは揃っている。数だけでなくクオリティという面でも。接戦となるだろうし、練習でもしっかりとやれないといけない。ブンデスは数試合経験だけ経験しているけど、昨シーズンの良いパフォーマンスやリズムを持ち込みたい。それが目標だ。そしてリーダーシップを発揮していきたいね。特に苦しいときに助けとなりたい。できれば良いダッシュを見せておきたいと思うよ。勝てなくなる時期はくるはずだから。そういうときに一致団結して乗り越えていくことが重要だ。コーチ陣がうまく導いてくれることだろう。僕はそう確信しているよ。