ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月11日

5得点でトーナメント進出決めるも、ペテルセン「謙虚さを失ってはいけない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

petersen_800-1470903159

初先発で5得点、トーナメント進出に貢献したニルス・ペテルセンだが、しかし歓喜に浮かれる様子はみられない。「FWにとっては願った叶ったりな試合さ。ああいう風にお膳立てしてもらえれば。これを基準にしてはいけないよ。嬉しいものじゃあるけど」と喜びをみせた27歳は、「でも謙虚な気持ちを失ってはいけない。韓国戦での同点を感謝しないと」と言葉を続け、昨年はU21欧州選手権準決勝で0−5で敗れた、ポルトガル代表戦を前に闘志を燃やした。


なおこの日、フルベシュ監督はペテルセンに加え、インゴルシュタットのクリスチャンセンを先発に起用。後半からはインゴルシュタットのバウアーとアウグスブルクのマックスが出場。


一方で肩を負傷し、この日も出場が叶わなかったゴレツカについては、今後について木曜日にも離脱の決断が下される模様で、リザーバーにはセバスチャン・ケアク、クリスチャン・ギュンター、そしてケルンのレオナルド・ビッテンコートが控えている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報