ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月16日

トレホンが4週間の離脱

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Testspiel - 16/17 - SC Freiburg vs. Darmstadt 98

日曜日に左足首を負傷していることが明らかとなり、月曜日に精密検査を受けたマーク・トレホンだが、そこで靭帯に損傷が見られることが判明。これから3〜4週間の離脱に入ることとなった。


フライブルクでは先日、マーク=オリヴァー・ケンプが半月板損傷のために長期離脱が明らかになったばかりであり、CBを本職とするのはわずか二人のみ。少なくともトレホンが復帰するまでは、MFのヘフラーがCBのオプションにもなることだろう。


右SBのグルデは「二人の柱を失ったことはとても残念だ。僕たちとしては一致団結して、この離脱をうまく埋め合わせていかなくてはならない。それぞれが、普段以上のプレーをみせないと」と語っている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報