ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月18日

代表戦明けの復帰を目指すケアク

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

昨シーズンは2部ニュルンベルクにレンタル移籍し、アキレス腱の問題に悩まされながら入れ替え戦も戦ったセバスチャン・ケアクだが、その後にバイエルンでのリハビリを経て、今はフィジオセラピストのフェッター氏と共にリハビリに励んでいるところだ。
.

22歳のレフティについて、マネージャーのザイアー氏は「厄介な怪我だよ。まずは復調して、いい状態まで持ってくることだ。予定通りには来ているし、数週間以内には、大きな進展を見せられるだろう」とコメント。


復帰時期としては代表戦明けを見越しているところだが、しかしこのままフライブルクのユニフォームを着てプレーすることになるのか、それとも再び新天地を模索することになるのかは、まだ不透明となったままだ。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報