Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月21日

フライブルク、攻守の期待の若手2選手が負傷交代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

philipp-s__y__nc__-1479576981
土曜日のマインツ戦は、フライブルクにとって辛い結果となった。

チャンスを多く掴みながらも2−4で敗戦を喫しただけでなく、攻守の期待の若手選手、FWマキシミリアン・フィリップとCBチャグラル・ソユンチュがともに負傷を抱えている。

フィリップは前半11分に相手DFブンガートとせった際に右足首の靭帯を損傷。治療を受けたのちに担架で運び出される事態となった。

さらにソユンチュは試合の終盤、今度は相手MFラマーリョとの空中戦で一瞬意識を失いロッカールームへ。

そのまま病院へと搬送され、検査の結果、脳震盪を抱えtことが明らかとなっている。

ただし頭部の骨折は避けられた模様で、おそらくは次節も出場することはできるはずだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker