Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月01日

ようやく光明が見えてきたメラー・デーリ

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aaa-1480522525
昨シーズンは、まさに悪夢のようなシーズンとなったマッツ・メラー・デーリ。膝の問題と膝蓋腱の手術により、5試合の下部チームでの出場にとどまるなど、文字どおり棒にふる結果となった21歳のMFは、今季も開幕から10試合までリーグ戦での出場はなし。

しかしポカール2回戦のザントハウゼン戦で先発出場し1得点を挙げるなど活躍をみせると、最近2試合ではジョーカーながら出場機会を立て続けに獲得しているところだ。

「彼がちゃんとしたものをもった選手じゃなければ、チームに在籍なんてしているはずがないだろう。ただ長期離脱あけで難しいところもある」とマネージャーを務めるヨッヘン・ザイアー氏はコメント。

特にオフェンスに目をみはるものを持つノルウェー代表だが、ディフェンス面ではまだ課題を残しているところであり、ザイアー氏の発言を踏まえてもまだしばらくは、ジョーカーとしての役割がつづくことになるだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker