ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月05日

シュトライヒ監督「3バックはオプションの1つ」

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4355
昨夏に行われたユーロ2016では、特に頻繁に採用される場面が見受けられた3バック。今季1部昇格を果たしたフライブルクのシュトライヒ監督は、さっそく夏に3バックのトレーニングを行なっていたものの、相次ぐCB陣の離脱にともない、むしろ選手の入れ替えを要する結果となり、前半戦では主に4バックで戦いつづけてきた。

しかし現在は全5CBがオプションとなっており、先日のドルトムント戦では4バックでスタートするも不安定さからシステムを変更、3バックを採用してチームに安定感がもたらされている。

今回のフランクフルト戦でも3バックが採用される可能性は十分にあるが、シュトライヒ監督は「だからといって、ずっと3バックを使うわけではない」とコメント。あくまで1つのオプションであることを強調した。

なお今節の相手フランクフルトについては、「フランクフルトは積極的に対人戦にのぞみ、アグレッシブに相手に向かってくることだろう。さらにホームの観衆も後押しするはずだ」とコメント。

今節はFWフィリップが累積警告により出場停止にあるが、注目されるペテルセンの起用法については「常に彼の起用については頭を巡らせることになるね。ジョーカーとしてもとてもチームのプラスになっているから」述べている。