ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月10日

フライブルク、副主将フランツと延長

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fran8-1491571304
昇格組ながら、ここまで7位と下馬評を大きく上回る躍進をみせているフライブルク。そこで主力選手として大きく貢献しているのが、ベテランMFマイク・フランツだ。

ニュルンベルクにて清武・長谷部らとチームメイトだった30歳は、2014年にニュルンベルクが2部降格を喫したのに伴い、フライブルクへと加入。だがそこでも再び2部降格を味わう結果となったものの、しかしながらそのまま残留を決断し、1年でのブンデス1部復帰へ貢献した。さらに今季は副主将として臨むと、ここまでリーグ戦26試合に出場、主にフライブルクの中盤をささえ、kicker採点平均3.27をマークしている。

そんなフランツについて、クレメンス・ハルテンバッハSDは「プレーの面でも対人戦に臨む姿勢でも、彼はうちにとって重要な要素を担ってくれている」と評価。「その分け隔てのない性格により、ピッチ外でもチームの責任を担ってくれているよ」と言葉を続けた。

一方でフランツは、延長した理由について「チームと気持ちを1つにして戦えている」と説明。「個人的にもこの3年間で成長できたし、今回の延長をうれしく思っているよ」と喜びをみせている。

なおフランツとフライブルクとの契約は2018年までとなっていたのだが、通例通りフライブルクは契約内容の詳細について特に明かしていない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報