ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月19日

フライブルク、ドルトムントからレンタル中のシュテンツェルが復帰

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

stenzel8-1492523729
先日のライプツィヒ戦では、パスカル・シュテンツェルが実に3ヶ月ぶりとなるブンデス復帰を果たした。

昨冬に当時2部だったフライブルクへと、ドルトムントからレンタルで加入したDFは、そのままチームとともに1部昇格を果たすと、今季は前半戦17試合で14試合に出場。中盤のみならず、右サイドバックでもプレーしている。

しかし今年最初のバイエルン戦で肩を負傷。「本当はもっと早く復帰したかったけど」と話した21歳は「完治までにしばらく時間がかかってしまった」とコメント。その後は下部チームにて復帰を目指し、この日はボランチとしてようやく出場機会を得た。

シュトライヒ監督は、「確かにいくつかパスミスもあったし、テンポにかけているところもあったが、うまく試合には入れていたね」と評価。しかし結局はライプツィヒに完敗。だがシュテンツェルは昇格組として順調なシーズンにあることを強調し、この敗戦を「うまく克服できる」とん考えを示している。

なおドルトムントとのレンタル期間は今季いっぱいまでとなっており、フライブルクとしては完全移籍での獲得を目指しているところだが、話し合いは行われてはいるものの早期の決着はみないだろう。