ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月22日

シュトライヒ監督「選手たちは私の苛立ちを知っている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

streich8-1492782842
前節のライプツィヒ戦でも4失点を喫し、昇格組同士の対決は、2試合で8失点を喫したフライブルクの大敗に終わったが、クリスチャン・シュトライヒ監督は「選手たちはいかに、私がこのことについて苛立ちを覚えているかを知っているよ。」とコメント。

「決め手も切れも欠けていた。だからこそ今週のトレーニングは密度の濃いものだったよ。」「とにかく集中した、エネルギッシュなパフォーマンスを期待している。それでホームの観衆にも満足してもらえることだろう。」と語った。

なお今回の試合では二人のオフェンスの主力、ヴィンセンツォ・グリフォが膝の内側靭帯の断裂で、そしてマキシミリアン・フィリップが大腿筋の筋損傷でそれぞれ欠場。さらに守備を支えるベテランCBマーク・トレホンも内転筋付近の筋損傷で欠場を余儀なくされているところだ。

このことについて、「ちょっと残念だね」と語ったシュトライヒ監督だが、「しかし負傷者がいての勝ち点41と、怪我人がいなくて勝ち点31という状況ならば、私は明らかに前者のほうを選択するだろうがね。」とあくまで前向きに状況をとらえている。

またシーズン当初の目標である残留をほぼ手中に収め、今度は欧州の舞台をも視野にいれる6位につけているところだが、「まだ手にしていないのだから」と警鐘を鳴らし、「むしろレヴァークーゼンは欧州の舞台にたつために、闘志をむき出しにして5連勝を狙ってくることだろう」と述べた。

vsレヴァークーゼン先発予想:シュヴォロウ – キュブラー, ソユンチュ, ケンプ, イグニョフスキ – ヘフラー, アブラシ – フランツ, ハベラー – ペテルセン, ニーダーレヒナー


  • ブンデスリーガ・各チーム情報