ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月25日

先発での初勝利に喜びを爆発させるペテルセン

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

petersen8-1493117408
欧州の舞台への生き残りをかけた週末のレヴァークーゼン戦では、2−1で貴重な勝利を収めたフライブルク。

特に1点目をマークしたニルス・ペテルセンは「特別な日だ!」と述べ、はじめて「先発して勝利を飾った」ことによろこびを爆発させた。

今シーズンは主にジョーカーとして出場してきたペテルセンは、ブンデス最多ジョーカーゴールとなる18得点を記録。その一方であくまで先発へのこだわりをみせたベテランFWだったものの、皮肉にも先発出場した4試合では未勝利がつづいていた。

クリスチャン・シュトライヒ監督は「あのゴールはとても重要なものだった。CFとして彼はとにかく先発したいと思っているし、あのようにチームの助けとなるのであれば、”残念ながれら”ベンチから起用するわけにはいかなくなるよね」とコメント。「彼の素晴らしいシュートテクニックはわかっているし、インテリジェントな選手だ」と賛辞を送っている。

なおフライブルクが収めた13勝のうち、実に11試合で1点差をものにするなど、昇格組として「素晴らしいシーズンを過ごしている」と絶賛したペテルセンは、現在6位とヨーロッパリーグ出場権獲得圏内にいることからも「チャンスを活かさない手はない。目標というより夢とよべるものだけど、でも可能性はあるのだから」と目を輝かせた。

フライブルク市、ユーロ2024開催地候補へ名乗りをあげず

きたるユーロ2024にむけてフライブルク市は、試合会場として立候補しない考えを表明した。ユーロ2024開催国については、現在ドイツはトルコと争っている状況にあり、UEFAは2018年の9月はじめに最終決定を下す。

なおユーロ2024試合開催地への立候補については、4月26日水曜日までに届け出必要がある。