ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月17日

ギュンター、EL逃しても「素晴らしいシーズンにかわりはない」

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

guenter8-1494955289
リーグ戦最終節となる今節では、勝利をおさめればヨーロッパリーグへの直接の出場権を獲得できるフライブルク。だがそこで待ち構えているのは、思うように過ごせなかったシーズンでのホームでの最終節を控える王者バイエルン・ミュンヘンだ。

しかしクラブTVにて、クリスチャン・ギュンターは「実質、自分たち次第という状況なのだから」とコメント。「もちろんミュンヘンでの試合は難しいものだけど、どんな可能性だってあるもの。勝ち点だって得られる可能性はあるよ」と語った。

「それに僕たちはホーム戦で、彼らと対峙できるところは示している。それが今回の目標となるよ。そこでぜひ得点をあげたいところだね」

確かにフライブルクは今年はじめに行われたブンデス第17節にて、開始早々にグリフォのアシストからハベラーが先制ゴール。それから同点に追いつかれはしたものの、勝ち点獲得まであとわずかというところで、ロスタイムに再びレヴァンドフスキに決められ惜敗している。

「それにもしもELに出場できれば、この素晴らしいシーズンに華を添えることができるよ」と言葉をつづげたギュンター。仮にケルンが勝利を収めなければ、フライブルクは今節での獲得を成し遂げられるのだが、「もし逃したとしても、今季が素晴らしいものであることにかわりはないよ」とも強調した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報