ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月19日

シュトライヒ監督「バイエルン戦は守るだけではだめ」

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

imago28378890h-1495119015
前回のバイエルン戦について、「力の限りを出し尽くした」と振り返ったクリスチャン・シュトライヒ監督。「非常に意欲的な戦い」の結果、最終的には惜敗となってしまったのだは、しかし王者との一戦を前に「彼らに対して引いて守っても得点を決められてしまう。調子づかせてしまえば、トップパフォーマンスをみせても太刀打ちなどできんよ」と言葉を続けた。

なお今回の先発メンバーについては、「4つのポジションで未定となっている」ことを明かしており、特にニルス・ペテルセン、ヴィンセンツォ・グリフォ、パスカル・シュテンツェル、チャグラル・ソユンチュ、マイク・フランツといったあたりにチャンスがあるはずだ。

「精力さと忍耐力が求められる。だが意欲だけではだめだ。フィジカル面でもしっかりとやっていかないと」と指揮官。なおバイエルンにとっては、すでに消化試合ということになるのだが、しかし1タイトルに終わったシーズンでのホーム最終戦、そして功労者ラームとアロンソの現役引退ということもあって、「ベストメンバーでくると思うね。我々としては、相手として不足がないことを示したい」と意気込みをみせている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報