ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月19日

シュトライヒ監督、来季のチーム作りに向けて「いい話し合い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

streich8-1495192317


昇格組ながらすでに1部残留を決定し、あとは欧州への舞台進出の可能性が残されているSCフライブルク。チームが飛躍を果たした一方で、活躍をみせた選手たちには国内外から関心が寄せられているところだが、クリスチャン・シュトライヒ監督は「チームの大部分が残る」との見方を示した。

最近ではヴィンセンツォ・グリフォやマキシミリアン・フィリップに噂が浮上。「あえて特にそのことを選手たちと話し合っているわけではない」という指揮官だが、主力のうち一人からは移籍の希望を、もう一人からはむしろ残留の流れにあることを聞いているとのことで「とてもポジティブだよ」と言葉をつづけている。

それは新戦力の獲得についても同様であり、「希望に満ちた話し合いができている。これまでもいい仕事をしてくれているハルテンバッハSDが取り組んでくれているよ」とコメント。

「我々のような小さなクラブでは、争奪戦となったときに金銭面で劣ることがあるのだが、それでも我々のところへの移籍を決断してくれる選手もいる。それはうれしいものだよね」と語った。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報