ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月05日

フライブルクが、レアルの下部チームからリーンハルト獲得

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今季は欧州の舞台への復帰を果たしたフライブルク。しかしここまでまだ、新戦力の発表にまではいたっていなかったのだが、水曜日にはレアル・マドリードの下部チームから、フィリップ・リーンハルトを獲得したことを発表した。

20歳のCBについて、ハルテンバッハSDは「若く伸び代をもった選手だ。オーストリアのユース時代から我々は評価していた」とコメント。「交渉のなかで比較的早く、ラインハルトから加入したいというシグナルを受け取ったよ。我々にとっては将来へのビジョンを持っていることが重要だし、これから彼とともに取り組んでいくよ」と述べている。

ラピド・ウィーンにてユース時代を過ごした同選手は、2014/15シーズンにレアル・マドリードの下部チームへとレンタル移籍。翌年には完全移籍をはたしており、今季からは欧州の舞台にたつフライブルクで成長をめざしていくこととなった。

リーンハルトは「すぐにフライブルクが、自分が必要としている場所だと感じた。ここでキャリアのステップアップをはかれると感じたし、これからこのクラブとともに迎える挑戦を楽しみにしているよ」と意気込みをみせている。

なおまずはレンタルでの加入となるのだが、しかし契約には買い取りオプションがつけられた。