ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年08月16日

フライブルク、CBでは十分にオプション

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日行われたポカール1回戦では、クリスチャン・シュトライヒ監督は3バックを採用。昨年のブンデス開幕戦でもフライブルクは3バックを採用しているのだが、CBに負傷者が重なったということもあり、その後は4回のみのトライ。結果は2分3敗を思うような結果は残せなかった。

たが今季は昨季の失点60を改善するために、指揮官は守備の安定化をめざして、今夏も3バックと4バックをトレーニング。特に3バックの中央に関しては、ボランチをリベロとして配置できることからも、シュスターやフランツ、ヘフラーといった選手たちが起用可能となるだけに、そのチームがもつフレキシブルさを活かせる点でもメリットだ。

確かに5人目のCBを獲得することも悪いアイデアではないだろうが、しかしその一方でフライブルクはオフェンス、特にウィングについてはまだ補強の余地があり、ベルンのヨリッチ・ラヴェ(27)の名前がすでに浮上している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報