ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月04日

フライブルクのニーダーレヒナーが膝に骨折、年内全休か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


フライブルクに残念な知らせが届いた。フロリアン・ニーダーレヒナーが膝を負傷、これから離脱を余儀なくされることが明らかとなっている。

木曜午後に行われた練習にて、ニーダーレヒナーは膝を負傷したために病院にて検査を受けており、その結果、膝に骨折がみられることが判明した。これにより長期離脱は避けられず、クラブ側は一足早く前半戦を終えてしまったとみている。

ニーダーレヒナーは開幕から10試合全てで出場しており、ベンチスタートはうちわずかに1回と、チームにとって欠かせない存在としてプレー。2得点、kicker採点平均23.67をマークしているところだった。


さらにフライブルクでは特に守備陣で多くの離脱者を抱えており、ニーダーマイアーとグルデとはまだ背中の問題から復帰をめざしている途中で、リーンハルトは膝の負傷、さらにソユンチュは退場処分により出場停止となっているところだ。

そのため週末に行われるシャルケ戦では、筋損傷により離脱していたマーク=オリヴァー・ケンプが、本来の予定よりも前倒しで復帰を果たす可能性があるだろう。シャルケ戦を前に、シュトライヒ監督は「とても規律をもったチームだ。我々にも同様の規律が求められることになるだろうし、ゴレツカのような多くのクオリティをもった選手もそろっている」との見方を示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報