ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月06日

シュトライヒ監督、急遽出場した2選手に高評価

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われたシャルケ戦では、0−1と敗戦を喫し、さらにマイク・フランツが負傷者リストに加わる結果となってしまったフライブルク。しかしそれでもクリスチャン・シュトライヒ監督は「素晴らしいことは、バルテクとカレブといった、これまであまりプレーしていなかった選手たちが起用に応えてくれたことだ」と収穫を強調した。

2011年からフライブルクのユースにて育成され、昨季はファドゥーツへとレンタル移籍していたカレブ・スタンコについて、指揮官は「通常ならばこういった試合ではむしろ気負ってしまうところがあるものだが、カレブからはそれは見られずに落ち着いており、前半ではいくつかどうかな?というプレーは見られたものの、総じて見ていいパフォーマンスを見せてくれたと思う」と評価。

さらに今夏に加入したバルトシュ・カプストカについても「バルテクはイングランドで苦しい1年をすぎ押しており、負傷などの影響もあってあまり出場機会を得られていなかった。それでもとても精力的に取り組み、ここでのチャンスをありがたく感じてくれている。彼が動ける状態にあれば、彼の能力はわかっているし、守備にも精力的に勤しんでくれている。うちでは全力で守備に臨む必要があるのでね。彼はとてもいいパフォーマンスを見せてくれたよ」と賛辞を送っている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報