ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月23日

フライブルク、負傷者リストから続々と復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴォルフスブルクでのアウェイ戦で1−3と敗退を喫したフライブルク。火曜日からはふたたび、週末のマインツ戦にむけて準備を始めたが、そこには背中に問題をかかえるオヌール・ブルート、膝の内側側副じん帯を断裂したマイク・フランツ、そしてアミル・アブラシの姿も見受けられなかった。

同選手は足首に痛みを抱えているとのことで、しかしながらあくまで不参加は大事をとってのものだった模様。土曜日までには再びオプションとなることができそうだ。

さらに週末の試合では、膝の負傷から回復したフィリップ・リーンハルトが復帰。レアルからレンタルにて加入しているオーストリアユース代表は、新天地で主力の座を確保しており、ここのところは離脱の穴の大きさを露呈している。

さらに筋損傷から回復しているヴィンセント・シエロと、長期離脱あけのゲオルグ・ニーダーマイヤーも再びオプションとなった。

背中の問題により開幕から離脱がつづくニーダーマイアーは、数日前にチーム練習に復帰し痛みからは解放されたものの、しかしながら自身所有の車が水曜未明に炎上。原因などについては、現在警察が調査を行なっている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報