ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月09日

シュテーガー監督の解任を惜しむシュトライヒ監督

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


残留争いを演じているなかで、マインツ、ハンブルク、そして今回の最下位ケルンとの3連戦に臨んでいるフライブルク。だがクリスチャン・シュトライヒ監督は、「周囲の雑音から選手たちを遠ざけたい」との考えを強調、ケルンにつめかけてくれる1800人のファンたちは「試合を心待ちにしていることだろうね」と語った。

なお今回の相手はリーグ戦最下位のケルンではあるのだが、しかしアウェイ戦だけでの順位表で見た場合、実はフライブルクの方が最下位に位置しており、まさに最下位同士による対決という意味合いもある。

シュトライヒ監督はここまでのアウェイ戦での戦いについて、「ミスが多かったし、得点への脅威にかけていた」と振り返りつつ、「だがその部分に取り組んで来たし、改善が見られる選手をピッチに送る」とコメント。

また今回の相手ケルンは、暫定監督が就任したばかりということで、あまり手の内は読めないところがあるが、「自分たちのことに集中していく」ことを強調。その一方で先日解任されたシュテーガー氏の不在を惜しむコメントも送った。「また対戦できたらよかったんだけど」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報