ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月09日

「いい感覚」で後半戦に入るユリアン・シュスター

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


開幕を週末に控えるなか、フライブルクでは現在、ハンブルクとのテストマッチで膝を負傷したルーカス・キュブラーをはじめ、背中に問題をかかえるニコラス・ヘフラーや、アキレス腱に問題を抱えるヨリッチ・ラヴェら、負傷離脱選手を抱えている状況だ。

しかしそれでも主将のユリアン・シュスターは「それでもいい感覚をもって、キャンプ地をあとにすることができる」ことを強調。「スペインでいい練習ができた。自信を手にしたし、前半戦で不足していたアウェイ戦でのもろさなどにむけて、分析や打開策などを講じるために時間を割くことができたんだ」と言葉を続けた。

なお今季はここまで、激しい定位置争いのなか第5節以降は主力として出場、本職のボランチのみならず、3バックの中心としてもプレーしているところだ。「多くプレーできて、そしてチームの状態も上がってきて嬉しいね。リベロは読みの良さなど自分のいいところを活かし、フィジカル面など弱い部分をカバーできていると思う。確かにミスは許されないけどね」とコメント。後半戦初戦となるフランクフルト戦では、いったいどちらのポジションでプレーすることになるだろうか。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報