ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年01月22日

アブラシ「痛みなく過ごせていることが何よりも大切」

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われたライプツィヒ戦でも、フライブルクは再びリードされてからのねばり強さと、離脱選手をうまくカバーできるところを証明してみせた。FWでは新戦力のヘーラーが、GKではギキーヴィツが、そしてボランチではDFコッホとアミール・アブラシが、それぞれに及第点か、それ以上の活躍をみせて、強豪撃破に貢献している。

クリスチャン・シュトライヒ監督は、この日ダブルボランチのオフェンス側を担当したアブラシについて、「うまくやってくれた。絶えず仕掛けていくことで相手が常に対応を余儀なくされ、そこからスペースが生まれていた。そういった場面の多くでいいプレーができたよ」と賞賛。

一方のアブラシは第4節に負傷を抱え、その後に復帰するも早すぎたのか怪我の影響を感じさせるプレーを露呈。浮き沈みの激しい前半戦を経て、「痛みなく過ごせていることが、何よりも重要なこと。今はいい感じいいっているし、100%の体調にあると思うね。いまは少し疲れているけど、それもいいことだよ」と明るい表情を浮かべた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報