ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年02月10日

シュトライヒ監督「ハベラーの離脱は痛い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われるハノーファー戦では、これまで中盤の主力を務めていたヤニック・ハベラーが出場停止にあるフライブルク。クリスチャン・シュトライヒ監督は「とても残念なことだ。彼のもつフィジカルでの強さや精力的な存在感、そして切り返しでのアクションは欠かせないものなのだが」と惜しんだ。

さらに前半戦の終盤で活躍をみせ、オフェンスの主力として期待されているヨリッチ・ラヴェについても、アキレス腱の問題により復帰まではまだ3週間はかかる見通しであり、「いい働きをみせてくれている」フロリアン・カートやマルコ・テラッツィーノにチャンスが巡ってくるかもしれない。

ただ今季から復帰を果たしたテラッツィーノは、移籍当初はスムーズにチームに順応する姿をみせていたものの、「対人戦ではまだ課題がある。それは彼も認識していることだ」ともコメント。ただ基本的に「守りをしいられる展開が続いており、うちらしいクリエイティヴィティをみせるチャンスが出てくること」を待っている状況でもある。

また11月はじめのシャルケ戦で膝を負傷し離脱がつづくマイク・フランツについては、まだ別メニューでの調整が続いており、「対人戦以外はできる状況にある。2週間以内にはまたチーム練習に参加できれば」と同選手自身が明かした。

なお今節対戦するハノーファーの印象については、指揮官は「素晴らしいシーズンを過ごしているし、とても厳しいタスクだよ」とコメント、特に相手FWハルニクはこれまでフライブルクから9得点を決めている天敵であり、「そのことは我々の頭にも入っている」と警戒心を示している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報