ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月04日

シュトライヒ監督、前回のバイエルン戦は「もっと結果が良くてもよかった」

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日曜日には王者バイエルン・ミュンヘンとの対戦が控えているSCフライブルク。だが1年まえの対戦ではヤニク・ハベラーの先制弾により、勝ち点獲得まであと一歩にまで迫っていたものの、最終的にはレヴァンドフスキによる芸術的な決勝ゴールを含む2得点により逆転負け。

シュトライヒ監督は「ちょっと結果が見合っていなかったと言えるだろう。我々はとてもいい試合を演じていたのだから。選手たちはブレーメンやレヴァークーゼン戦よりも、よりモチベーションも高くなることだろうね。これ以上のこともないさ。精力的なプレーに対する要求についてもいえることだがね」と語った。

さらに「これだけの力をもったチームと対峙するチャンスなんだよ。まさにドイツの顔というクラブだ。どのチームにとっても特別な試合だよ、我々も含めてね。」とコメント、「バイエルン戦はいつだって楽しみだ。素晴らしい選手たちがそろっているよ。それは通路で会ったときにも言えることさ。監督についても同様にね」と賛辞を送っている。

また今回の試合について「バイエルンがまるでハンドボールのように、どんどんプレッシャーをかけて追い込んでくるようになるなら、そのときは我々も創造性を活かして事態の打開を図っていかなくてはならないよ」と指揮官。「それでも楽しみさと意欲、自信をもって試合に臨んでほしいね。ボールを持つことを恐ることなくね」と言葉を続けた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報