ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月01日

フライブルクの攻撃を支えるペテルセンとギュンター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に行われるバイエルン・ミュンヘン戦を前に、二日間の休養を経て水曜日から練習を再開したSCフライブルク。そこにはフライブルクのオフェンスを支える二人の主力選手の姿があった。

クリスチャン・ギュンターとニルス・ペテルセン。最近のフライブルクがマークしている14得点の、その全てに関係している選手たちである。セットプレーを得意とするギュンターは、第17節から1得点3アシスト、ペテルセンに至っては最近10試合で9得点と量産体制に入っており、これはハノーファーのフュルクルーク(7得点)を上回るブンデス最多の数字だ。

ただ確かに両選手の活躍が喜ばしい一方で、フライブルクとしては他の選手たちの奮起にも期待したいところ。だがこれは何も最近はじまったことではないのだが。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報