ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月09日

シュトライヒ監督、選手たちへの信頼を強調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ハノーファー戦で途絶えたとはいえ、9試合連続での未勝利を記録するなどながれに乗ったフライブルクは、残留争いから抜け出す足かがりを作ることに成功した。しかし入れ替え戦進出となる16位との勝ち点差はまだ決して大きなものとはいえず、金曜日のマインツの結果次第ではフライブルクにプレッシャーが増すことになる。

それでもクリスチャン・シュトライヒ監督は「そういうのには選手たちはもう慣れっこだよ。ここ数年で、プレッシャーのかからない試合の方がむしろ少なかったくらいだ。ただできることなら、それは国際舞台をかけたいい意味でのプレッシャーなら歓迎なんだけどね」とコメント。

「しかしながらここまで我々が見せている戦いはリスペクトに値するものだ。とてもいい結果を手強いチームを相手にしても得ているのだがからね」と、選手たちが見せているパフォーマンスに胸を張った。

なお背中の問題と感染症から回復したニコラス・ヘフラーと、アキレス腱の問題から回復したヨリッチ・ラヴェの「2選手は先発のオプションだ」と明言。またヘルタ戦については「彼らは相手に合わせて戦術を変えてくるから」予想がむずかしいとの見方を示しつつ、かつての教え子ウラジミール・ダリダについては先発起用を予想している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報