ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年05月15日

フライブルクが2部デュイスブルクからフレッケン獲得

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


フライブルクは2部デュイスブルクから、マーク・フレッケンを獲得した。クレメンス・ハルテンバッハSDは「長い間、マークのことをチェックしてきたんだ。」とコメント。「若いがすでに2部の経験をもっており、デュイスブルクではさらに一回り大きくなっている。我々のGKチームにとってマッチするし、補強になると確信している」と言葉を続けている。

フレッケンは2016年にフュルトから当時3部デュイスブルクへと移籍。そこで主力にまで飛躍を遂げた。最近2シーズンではリーグ戦68試合に出場しており、初年度で2部へと昇格。さらにオスナブリュック戦では得点を決めた経験ももち、これからはブンデス1部での飛躍を目指す決断を下した。

同選手は「デュイスブルクですばらしい時間を過ごしたし、これからフライブルクで次のステップへと進むことを楽しみにしているよ。」と喜びをみせている。フライブルクでは二人のGK、ギキーヴィツとクラントとの延長にいたっておらず、フレッケンにはその後釜として、守護神シュヴォロウとの定位置争いを演じていくこととなった。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報