ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年09月10日

フライブルク、シュトライヒ監督が復帰

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りSCフライブルクの練習場には、月曜午前からクリスチャン・シュトライヒ監督の姿が見受けられた。椎間板ヘルニアを抱えた指揮官は、これまで今季行われた公式戦全3試合で不参加が続いていた。

 「大変に喜ばしいことだ。ただ時期尚早ではないように願ってはいるがね。我々は彼を必要としているんだ」と、フライブルクのフリッツ・ケラー会長はプレスカンファレンスにて語った。

 もしもこのまま順調に進んでいくならば、代表戦あけとなる日曜日のシュトゥットガルトとのホーム戦では、再びベンチの中に同氏の姿を目にすることができるだろう。またケラー会長は、シュトライヒ監督の不在をカバーしたアシスタント陣へ賞賛。

 その一方でシュトライヒ監督は、同州に位置するライバルとの対決まで、非公開で落ち着いてトレーニングを行う可能性が高いはずだ。ケラー監督は、シュトゥットガルトとの一戦について、小さなクラブであるフライブルクと「ちょっとした、巨人との対戦、という雰囲気もある戦いだよね」と表現した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報