Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月17日

グラードバッハ、シャカの売却を除外せず

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2016-01-17 12.38.24


 今冬でのグラニート・シャカの売却に関しては考えにないグラードバッハ。しかし夏ではその考えに変化が生まれるかもしれない。それはエベールSDも理解している。


「今は放出の考えはないし、それは私自身で影響を与えられるぶんだ。だが夏はわからない。サッカーでは予想は難しいのだ。どのクラブにとっても、考えざるをえない状況というものはある」


ただしそのためには「チームの結果や、グラニートのパフォーマンス、あと金銭面など」、多くの要素が関係するとの考えも示した。

「ただ長く彼が留まってくれれば嬉しいさ。値段の設定していないよ。すでにとんでもない金額が噂ででているではないか」と、エベールSD。


2012年にバーゼルから、移籍金850万ユーロで加入した23歳のスイス代表MFには、最近ではアーセナルからの関心も伝えられている。




トラオレが復帰


trao800-1453035825


「テストマッチでは結果は二の次」と語っていたシューベルト監督だが、2部ボーフムに2−5で敗戦を喫し、試合について「失点は自ら招いたところがあった。オフェンスでも明確さにかけた。前半戦でうまくやっていたことに集中して臨まないと」と振り返っている。


今回の試合は、後半戦初戦を1週間前に控えチームにとって重要な試合だったが、イブラヒマ・トラオレ個人にとっても重要な試合となった。


風邪のため2試合のテストマッチの出場を見合わせていたギニア代表MFは、この試合で今年最初の実践を経験。「またピッチに立てたことへ、いい感覚を覚えている。これを求めていた」と語った同選手だが「まだ100%ではない」ともコメント。「これから良くしていきたい」と意気込みを見せた。


トラオレは、今冬加入のホフマンと右ウィングの先発争いを演じていくことになる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker