ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月14日

ハノーファーを警戒するシューベルト監督

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Fussball 1. Bundesliga/  FC Schalke 04 -  Borussia Moenchengladbach 2:1

監督の入れ替えがもたらす影響の大きさ・・・、それはアンドレ・シューベルト監督自身が、身をもって実感していることだ。開幕から5連敗を喫し、退任したファヴレ監督の後任としてユースから昇格した同監督は、それから連勝街道をひた走り軌道修正。現在は欧州リーグ出場権獲得争いを演じている。


そんなシューベルト監督は、前回のベルリンvsハノーファーについて「監督を変えて臨んだベルリンでの試合は、とても良いパフォーマンスを見せていたと思う。意欲的でとても高い位置から仕掛ける場面も見受けられた。それはちょっとした驚きだったし、追いつけれても臆することなくプレーしていたよ」と評価、「むしろ吹っ切れている」という印象を受けたことを明かした。


その一方で、大腿筋の負傷により欠場が続いていたラファエルが復調。今季はここまで13得点10アシストとチームで最も得点に絡むプレーメイカーの復調は好材料だが、その一方でMFグラニート・シャカは累積警告のために欠場。オプションとしては、若手モハメド・ダフードと今季限りで退団が決まっているハルヴァルト・ノルトヴァイトのダブルボランチを採用することが考えられるだろう。




先発予想

ゾマー – エルヴェルディ, A. クリステンセン, ヤンシュケ – ダフード, ノルトヴァイト – F. ジョンソン, ヴェント – シュティンドル – アザール, ラファエル

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報