Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月02日

グラードバッハ、パリSGの若手CBに関心

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

doucoure8-1462098281

kickerが得た情報によれば、グラードバッハはパリSGのユースに所属する期待の若手CBママドゥ・ドゥクレに関心を示している模様だ。なおパリSGはUEFAユースリーグにて決勝進出を果たしている。


これまでグラードバッハでは海外から積極的に若手の注目株を獲得しており、なかでも今シーズンは、チューリヒから加入した19歳ニコ・エルヴェルディや、チェルシーからレンタルで加入した20歳になったばかりのアンドレアス・クリステンセンらが、移籍1年目から主力として活躍を見せているところだ。


その一方でグラードバッハのCBでは、ベテランのマルティン・シュトランツルが現役引退を表明しているほか、今冬にレンタルでザルツブルクから加入していたマルティン・ヒンターエッガーの買い取りオプションの行使が見送られ、今夏にはチームを後にすることが確定している。


800-1462199154
ただしグラードバッハにはそれ以外にも豊富なオプションが控えており、ブンデスで既に実証済みのクリステンセン、ドミンゲス、ヤンシュケ、エルヴェルディのほか、ホッフェンハイムから守備のオールラウンダーのシュトローブルを獲得。さらにはブレーメンへのヴェステルゴーアへの関心も伝えられている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker