ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月23日

シャカ移籍で、クラマー復帰?

Bayer 04 Leverkusen
バイヤー 04 レヴァークーゼン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Deutschland - England

今季負傷により長期離脱を余儀なくされたマルティン・シュトランツルに代わり、主将を務めたグラニート・シャカだが、現在アーセナルへの移籍が迫っていることが伝えられた。もしも移籍となればボランチの補強は急務ということになるが、そこでグラードバッハはレバークーゼンより、クリストフ・クラマーの復帰を検討している模様。


2部ボーフムへの1年半のレンタルを経て、2013年夏からグラードバッハへ2年間レンタルで在籍した同選手は、2部からの加入からわずか1年でブラジルワールドカップに出場するまで躍進。決勝では先発出場も果たしている。そして今季、満を持してレバークーゼン復帰を果たしたのだが、シュミット監督のサッカーにうまくフィットできずに思うような成果は残せておらず、また先日マインツからバウムガルトリンガーを獲得したことから、おそらくはレバークーゼンは同選手の移籍に際して、敢えて障害を設けるようなことはしないだろう。


25歳のボランチとの契約期間は2019年までとなっており、移籍金が発生することにはなるが、その資金はシャカの移籍で十分に賄えるはずだ。