ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年06月06日

4年ぶりのプレーオフを前に、エベールSD「成長した」

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

来季はチャンピオンズリーグ・プレーオフに進出するグラードバッハ。だが本戦に進むためには、マンチェスター・シティとさえ、戦う可能性がある状況だ。


確かにグラードバッハはこれまで、国際舞台で活躍をみせてはいるものの、UEFAクラブポイントの42035ポイントでは「5つのシードクラブに入ることはむずかしいだろう」と、エベールSDは語った。


しかし決してそこで恐れを感じているのではなく、「そもそもプレーオフで対戦するチームの中に、簡単な相手などいない」と述べ、さらに「我々と対戦することになって、相手が喜ぶとも思わないよ」との考えも示している。


なおグラードバッハは2012年にもプレーオフに進出し、そのときにはディナモ・キエフに惜敗した苦い経験があるが、エベール氏は「あれから4年がたった。その時間で我々は成長しているし、国際舞台での経験を蓄積してきているよ」と自信をのぞかせた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報