Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月06日

グラードバッハの守備の改善を期待されるデンマーク代表DF

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

今シーズン、グラードバッハのCB陣を支えることが期待されているのが、先日ブレーメンから加入したヤニック・ヴェステルゴーアと、アンドレアス・クリステンセンのデンマーク代表コンビだ。


昨季にチェルシーからレンタルで加入したクリステンセンは、若手ながら移籍初年度からグラードバッハの守備陣を支え、プレッシャーのかかる状況でも落ち着きを持って対処し、ビルドアップでもいいところをみせCL出場権獲得に貢献している。今季はレンタル期間の最終年度となるが、4月にエベールSDは「アンドレアスの完全移籍に向けて全力を尽くす」考えを示した。


そしてグラードバッハは今夏デンマーク代表でもチームメイトのヤニック・ヴェステルゴーアを獲得。エベール氏は同選手について「1対1に強く、23歳ながら対人戦で落ち着いて取り組み、とてもインテリジェントだ」と評価。昨シーズンまで長年にわたり守備の要を務めた「シュトランツルを彷彿とさせる」とも述べている。


そのヴェステルゴーアには、同国出身のクリステンセンとのCBコンビの形成の他、同じく今夏に加入したトビアス・シュトローブルとともに、そのポリバレントさからグラードバッハのディフェンスにフレキシブルさをもたらすことも期待されているところだ。


新たなシーズンに向けて、シューベルト監督は「我々は選手起用でもシステムでも、もっとヴァリエーションをもちたい」と課題を挙げた。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker