Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月18日

バイエルンから噂のエベールSD「サッカーはわからない」

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

先日辞任したマティアス・ザマー氏の後任候補として浮上している人物の一人、グラードバッハのマックス・エベールSD。


このことについて同氏は、スカイに対して「7年間、クラブの首脳陣として経験してきたことは、あまり先のことを気にしてもうまくはいかないということ。今のことを考えて取り組むことでうまくいくんだ。そして今は私はグラードバッハのSDだよ」と説明。


そして2008年からSDを務める間に、グラードバッハは「欧州に名前を広げていくこと」に成功。契約は2020年年まで残しているが、果たしてそれはこれからも継続していくのだろうか?


「いいシーズンを、できればチャンピオンズリーグでいい戦いを見せるために頑張っているところだ。サッカーの世界ではどういうことが起こるか、それはドルトムントのヴァツケCEOが見せたことだよ」とコメント。ヴァツケ氏はフメルス、ギュンドアン、ミキタリアンの3選手を同時に放出することを否定していたのだが、「結果的に三人とも出て行ってしまった」


「サッカーの世界ではどうなるかなんて誰にもわからない。先の可能性はあまりにも多く存在する。だから私は現実的でありつづけようとしているんだ。今のことに集中する。そしてそれは私のチーム、メンヒェングラードバッハだ。」


image二次キャンプスタート


小雨が降る中、土曜日から二次キャンプをスタートさせたシューベルト監督。チャンピオンズリーグ・プレーオフを意識して5日間の休暇を与えたが、まだ負傷のドミンゲス、ドルミッチ、ドゥクレ、ヘルマンらはまだチーム練習には参加していない。また代表に参加していたゾマーとジョンソンは、月曜日から参加する予定だ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker