ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月19日

ハイメロートが出産 に立ち会うため離脱

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

ロータッハ=エッガーンにて精力的にシーズンへの準備を行っているグラードバッハ。予定通りにヤン・ゾマーとファビアン・ジョンソンが合流した一方で、クリストファー・ハイメロートは対照的にキャンプ地を後にした。しかしそれはあくまで出産に臨む妻の下へと向かったためとのこと。


その一方で負傷からの回復を目指しているのが、パトリック・ヘルマン(恥骨)とマルヴィン・シュルツ(鼠径部)、アンドレアス・クリステンセン(筋肉)、ママドゥ・ドゥクレ(筋束)、ラシュロ・ベネ(臀部)。


なお次のテストマッチは水曜日で、2部1860ミュンヘンと対戦する。


imageシューベルト監督は、来季の戦いにむけて「とてもフレキシブルであり続けたいし、多くポゼッションして、ボールがないときには素早く相手から奪い取りたい。3ー5ー2システムはとても良い感じだからこのまま残すことになるが、相手のことも見ていくよ」との見方を示し、そのシステムについては「大げさに捉えすぎというところがあると思う。あくまでコンパクトに構えることであって、重要なのは答えを見つけ出す創造性だよ」との持論も展開した。


また選手の起用については「15〜17選手」を状態や相手チームを考慮して起用していく考えを明かしており、課題のセットプレーについては「ただ大きい選手を置けばいいというものでえはないよ。ただ199cmのヴェステルゴーアの獲得で良い影響をもたらせればとは思っているがね」と語っている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報