Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月23日

真の”フレキシブル”さをもったジョンソン

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image
”フレキシブル”と形容される選手は数多く存在するが、ファビアン・ジョンソンほどのフレキシブルさを持った選手は、そうはいないだろう。米国代表では右サイドバックの主力を務めてオフェンスに積極参加、クラブでは左右のウィングを務めており、どのシステムでも前後左右に対応することができる。監督としては欠かせないタイプの選手だ。

ライプツィヒ戦での序盤では、ポストに阻まれるなど不運もありつつ、最終的には相手の勝ち越しゴールを防ぐプレーを披露している。

昨シーズンは負傷の影響などもあり、観客席から観戦することもあった同選手。しかし監督交代に伴い再びチャンスをつかむと、チームとともに上昇カーブを描き、最終的にはチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献。もちろんジョンソンだけの貢献ではないのだが、しかし精力的なプレーとバランサーとしての役割を果たす、戦術理解度の高いジョンソンは、シュスター監督のプランにおいて重要な地位を占めているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker