Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月12日

ラファエルとシュトローブルの出場はまだ様子見

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1476189756
火曜午前の練習でも、ラファエルとトビアス・シュトローブルの姿は見られることはなかった。

両選手ともにまだ個人練習を続けており、まだ我慢の時間が続いている。

シュトローブルは「まだ早い動きができないんだ。それ以外ではとても良い感じなんだけど」とコメント。「痛みさえなくなれば、今週はチーム練習に参加できるかもしれないね。でもプレッシャーをかけるつもりはないよ」との見通しを語った。

グラードバッハとしても、あえてリスクをかけてまで、週末の試合に間に合わせるような考えはない。これから3週間で7試合も予定されており、この1週間だけをみても週末はハンブルク、翌週にはCLセルティック、そして翌週末にはバイエルン戦が控えているところだ。

筋損傷を抱えていたラファエルについても、シュトローブルと同様に復帰は視界に入ってきてはいるのだが、しかしこちらはシュトローブルよりもまだ遅れておりハンブルク戦は時期尚早。ただシュトローブルも木曜でのチーム練習復帰が条件ということになるが、しかしいずれにせよ練習量不足で臨むということに変わりはない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker