Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月06日

パトリック・ヘルマンが再び長期離脱へ

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パトリック・ヘルマン

パトリック・ヘルマン



金曜日に行われたヘルタ・ベルリン戦で、相手FWイビセヴィッチとの対人戦に臨んだ際に、不運な形で足首をひねって交代を余儀なくされていたパトリック・ヘルマンだが、精密検査の結果、靭帯結合部の損傷、足首の骨折のみならず、内側・外側即副じん帯の断裂が見られることが判明した。離脱期間については、まだ明確に発表されていない。

昨シーズンでは後十字靭帯の断裂により、長期にわたる保存療法の末に復帰を果たした25歳のウィンガーは、今季の準備期間も鼠蹊部の問題や恥骨炎に苦しめられたものの、今季はここまで公式戦12試合で出場を果たしているところだった。

シューベルト監督は「我々全員にとってショッキングな知らせだ」と肩を落とし、「彼の支えとなりたい。2度の長期離脱を経て、ベルリン戦でもいいプレーを見せていたのに」と同選手の心情を思いやっている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker