Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月22日

正念場に立たされたグラードバッハとシューベルト監督

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


宿命のライバル、ケルンとのダービーをホームで落としたグラードバッハ。水曜日にはEL出場に向けての正念場マンチェスター・シティとの厳しい戦いが再びホームで待ち受けているところだ。

DFトニー・ヤンシュケは「ここまで僕たちは、それぞれの大会に向けてうまく気持ちを切り替えられて来た」ことを強調。特にホームでは前回セルティックから勝利を収めたほか、バルセロナ戦でも前半をリードして折り返す奮闘を見せた。


ただしリーグ戦では第5節のインゴルシュタット戦以降勝利を収めることができておらず、ヤンシュケは「前線でもっとチャンスが必要だし、ディフェンスでは集中力を切らさないようにしないと」と継承を鳴らしており、今後の流れ次第では、昨季の救世主とはいえシューベルト監督の去就問題にも発展しかねないだろう。

今後のグラードバッハの日程は、今季好調のホッフェンハイム戦、ボルシア・ドルトムント戦、そしてCLバルセロナ戦と続く。


先発予想:ゾマー – エルヴェディ, ヴェステルゴーア, ヤンシュケ – A. クリステンセン, シュトローブル – F. ジョンソン, ヴェント – シュティンドル, ラファエル – ハーン


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker