Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月01日

グラードバッハからブッフォンにプレゼント。その理由は…

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

buffon800-1480522951
伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトは、ボルシア・メンヒェングラードバッハよりジャンルイジ・ブッフォンに対して、グラードバッハのシャールと、マックス・エベールSDからのイタリア語に翻訳されたメッセージが贈られたことを報じた。そのメッセージには、素晴らしいファンの一人として敬意を表するとともに、1年前にグラードバッハのファンがとった行動への謝罪の言葉も綴られていたという。いったいそれはなぜなのか・・・。

2001年にパルマから加入して以来、ユベントス一筋のサッカー人生を歩んできたブッフォンだが、実は”隠れグラードバッハファン”でもあったのだ。これは本人が明かしているもので、「6歳のときにグラードバッハにハマってね。ただ子供の時はそれを口にすることができなかったんだよ」とコメント。いつかグラードバッハでプレーしてみたいとさえ思っていたという。

そんなブッフォンは、1年前にチャンピオンズリーグでそのグラードバッハと対戦した際に、あるグラードバッハのファンに対して自らのグラブとシャールを交換してくれるように提案。だがそんなブッフォンの気持ちを知るよしもないファンから拒否されてしまったのだ。

その後に熱心なグラードバッハファンがブッフォンの下を訪れて、スタジアム職員立ち会いのなかでシャールを手渡し謝罪の言葉も伝えてはいるものの、しかし1年がたった今回はあらためて、グラードバッハからそのときの謝罪と、そしてファンであるブッフォンへ感謝の気持ちが贈られたのである。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker