ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月14日

ラファエルとシュティンドル、シャルケ戦に間に合うか?

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

raffael8-1489400561
日曜日に行われたアウェイ戦では、残留争いを強いられているハンブルクに敗戦を喫したグラードバッハ。試合後にヘッキング監督は「敗戦は受け入れなくてはならない。ハンブルクは後半に気持ちで勝利を掴みとったんだ」と語った。


ただその一方で、自軍の選手達に対しても「選手達は精力的に、気持ちの入ったプレーで、勝ち点を確保しようとしていたよ。ただ残念ながら、今回はそれはうまくいかなかったけれどもね」と評価。

特にこの試合では、グラードバッハのオフェンスを牽引するデュオ、ラファエルとラース・シュティンドルが欠場を余儀なくされたことも影響を及ぼしたといえるだろう。

しかしそれでも、左SBのオスカー・ヴェントは「うちには選手がそろっているし、大きなクオリティもある。常にいい選手を送り出すことができるよ」とコメント。マックス・エベールSDも「ラース・シュティンドルとラファエルの離脱が、今回のパフォーマンスで決定的な理由になったわけではないさ」との見方を示している。

なお木曜には、ELシャルケ戦2ndレグが控えているところだが、同SDは「2選手ともに復帰することを期待しているよ」との見通しを明かしており、臀部に問題を抱えるシュティンドルについては「まだ具体的にはわからない。ラースはまだ筋肉に問題を抱えているようだし」としながらも、ラファエルについては月曜の練習復帰を見込んでいるところだ。

そのため練習を再開する水曜日にも、両選手の出場の可能性が見えてくることだろう。