ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月13日

ドルミッチ「そのうち復活弾は決まる」

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年3月にレンタル移籍したハンブルクにて、膝に大怪我を負い長期離脱を余儀なくされたヨシプ・ドルミッチ。その9ヶ月後に復帰をはたし、先日の代表戦期間では、スイス代表の一員としてラトビア代表とのW杯予選では、投入時からわずか93秒後に決勝ゴールを決めマン・オブ・ザ・マッチに輝いたものの、しかしクラブではいまだ復活弾は挙げられていない。

だが前節のケルンとのダービーでは、ゴールまであとわずかというところでマウスに嫌われてしまった。「入ってくれ!とおもったんだけどね。でもいいよ」とドルミッチ。チームはダービーで貴重な勝ち点を収め、欧州リーグ出場権獲得へ望みをつないでいる。

「惜しい場面はいくつもあったし、このまま行けばクラブでも得点できるよ」確かにグラードバッハでの定位置争いは激しく、ドルミッチに常にチャンスが訪れるとは限らないが、しかし先日はラファエルの離脱が伝えられており、ドルミッチはアザールとともにその代役争いを演じていくことになる。

ダービーでの勝利を、3位ホッフェンハイム戦でいかしたいと考えるドルミッチは、「今ぼくたちはとてもいい状態にあるし、ケルン戦でみせたクオリティを、これからもしっかりとピッチ上で発揮していかないとね」と意気込みをみせた。