ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月18日

上位対決でいまだ未勝利のグラードバッハ

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hahn8-1492420898
またしても勝利を納めることはできなかった。今シーズンはここまで、上位4クラブとの対戦でまだ1勝も収められていないグラードバッハだが、週末の3位ホッフェンハイム戦でも、凄まじい打ち合いの末に3−5で敗戦を喫した。

戦前には、後半戦から指揮をとるディーター・ヘッキング監督が、「上位4クラブで勝利していないのなら、やる気も増してくるというものだね」と意気込みを示していたのだが、しかしながらバイエルン(0−2、0−1)、ライプツィヒ(1−1、1−2)、ホッフェンハイム(1−1、3−5)、そしてドルトムント(1−4)に続いて、これで今季トップ4に対して7試合で勝ち点2。最後のチャンスは、来週に行われるボルシア・ドルトムント戦ということになった。

なお気になる順位表のほうでは、「幸運にも他のライバルたちも勝てなかった。だから順位表では、そこまで大きな変化はないよ」とアンドレ・ハーン。「僕たちは意欲をもった素晴らしいチーム。大きなクオリティがあり、上位にいつづけたいね」と意気込みをみせている。

またマックス・エベールSDも「最近のケルン戦や今回のホッフェンハイム戦のような戦いを見せていれば、最終的には勝ち点につながることだろう」と自信をのぞかせた。