ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月24日

グラードバッハ、フランクフルトとのポカール準決勝で8選手が負傷欠場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


火曜日にはアイントラハト・フランクフルトとのDFBポカール準決勝が控えているボルシア・メンヒェングラードバッハ。しかしこの試合では負傷によりクリストフ・クラマー、トニー・ヤンシュケ、ファビアン・ジョンソン、マルヴィン・シュルツ、ママドゥ・ドゥクレに加え、オフェンスの主力であるラファエルとトルガン・アザール、そしてヨシプ・ドルミッチも「検査待ち」のため出場を見合わせることになった。

ディーター・ヘッキング監督は「出場できない選手のことを思うと心が痛むよ。ポカール準決勝というのは、毎年進出できるような場所ではないんだ。どの選手もぜひプレーしたいと思っていたことだろう」とコメント。

ただその一方で、「しかし今回ノミネートされた18選手たちが力をあわせて、決勝の地ベルリンへと進めるように全力をつくすだろう。我々はドルトムント戦でも離脱者をうまくカバーできた。」と自信も覗かせている。

なお今回のフランクフルト戦での勝率については「半々」とみる指揮官だが、「しかし我々としては、ホームという地の利をいかしたい。ファンの後押しによってね。ただこれはリーグ戦とはまた全くことなるもの。メンタル面が決め手にもなるよ」と指摘。

「決勝の地ベルリンに5月27日に向かうことが、全てのボルシアの夢なんだ。それを実感しているよ。ただそこへの道のまだ今は途中なんだ。明日の試合では決勝について言葉にできる結果を得られるといいね」と意気込みを見せた。

vsフランクフルト先発予想:ゾマー – エルヴェディ, A. クリステンセン, ヴェステルゴーア, ヴェント – ダフード, シュトローブル – ヘルマン, ホフマン – ハーン, シュティンドル


  • ブンデスリーガ・各チーム情報