ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月26日

ポカール準決勝でヴェント骨折、残り全休へ

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


PK戦の末に6−7で敗れ、ポカール決勝進出への夢がついえてしまったボルシア・メンヒェングラードバッハ。だがさらにこれに追い討ちをかける、残念な知らせがとどいた。

この試合で左サイドバックとして先発出場し、果敢なプレーをみせていたオスカー・ヴェントだったが、前半24分のファビアンによるファウルで負傷。そのままプレーをつづけるも、結局後半41分に交代を余儀なくされている。

そして試合後のプレスカンファレンスに出席したディーター・ヘッキング監督は、同選手が肘に骨折(子守女肘の亀裂骨折)を抱えていたことを明かし、「明日手術を受けることになる」と語った。

さらにヨシプ・ドルミッチも膝の負傷により、残りの試合を全休することがマックス・エベールSDより明かされている。

31歳のヴェントはここまで出場したリーグ戦28試合すべてで先発出場。2得点4アシストをマークし、kicker採点平均は3.52を記録していた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報