ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月09日

ラファエルが復調、ヴォルフスブルク戦から復帰か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

raff8-1494336642
週末に迎えるヴォルフスブルク戦に向けて、ラファエルがチーム練習に復帰。特に問題なくトレーニングをこなす姿が見受けられた。

4月はじめに膝の内側側副じん帯を損傷し、ここまで離脱がつづいてきたブラジル人FW。昨季は13得点10アシストをマークするなど、チームのオフェンスを牽引する貴重な存在であるだけに、欧州への切符の獲得に一縷の望みをかけるグラードバッハには朗報だ。

さらに前節ではクリストフ・クラマーが途中から実践復帰を果たしたほか、米国代表ファビアン・ジョンソンの復帰も間近にせまっており、ディーター・ヘッキング監督は「3選手の復調はうれしいよ」とコメント。ただし「ラファエルとジョンソンについては、土曜日に間に合うのか様子見だ」と慎重な姿勢もみせている。

なおこの日の練習では、主将ラース・シュティンドルの姿がみられなかった。指揮官によれば、同選手は胃腸炎をわずらっているとのことで、「アウグスブルク戦での出場も危惧されていた」という。そこで今回は、念のために休養を与えた模様だ。「明日には軽く練習できるだろう」

またこの日の練習では、アンドレアス・クリステンセンが練習を途中で切り上げる事態がおこったが、ヘッキング監督は「背中と骨盤に少し問題があったようだが、しかし大事には至っていないよう期待している」との考えを示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報