ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月11日

ヘッキング監督「ヴォルフスブルクをリスペクトしている」

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hecking8-1494239539
「これから試合開始まで、相手チームについて発言を控えさせていただくことをご理解いただきたい。彼らのことはとてもリスペクトしているし、かつて私のクラブだったチームなんだ」と語ったディーター・ヘッキング監督。

週末にはそのVfLヴォルフスブルク戦が控えており、「ヴォルフスブルクでは成功に満ちた素晴らしい直んを過ごすことができた。あそこの人々との再会をたのしみにしているし、土曜日にフランクフルト戦で勝利して残留に前進したことはうれしく思っていたよ」と語った。

しかしあくまで週末に試合ではグラードバッハに集中しており、「ヴォルフスブルクで勝ち点3を獲得したい」と指揮官。先日はアウグスブルク戦で勝ち点1の確保にとどまり、EL出場権獲得は厳しいものとなったが、ヘッキング監督は「上ばかりみて皮算用していたってしょうがない。次のタスクに集中すること、そして勝ち点3を確保することだ。結果はあとからついてくるものだ」との考えを示している。