ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月16日

クラブ史上2番目のペースで後半戦勝ち点を重ねるヘッキング監督

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hecking8-1494929762
土曜日にグラードバッハの指揮官としてリーグ戦18試合目を迎えるディーター・ヘッキング監督。もしも今回勝利をおさめれば、後半戦だけで勝ち点30を叩き出したことになり、これは半年での成績でみればクラブ史上2番目に多い数字だ。

今冬から監督に就任した同氏は、チームに安定感をもたらすことに成功。特にそれまでシューベルト前監督の下で苦労していたアウェイ戦でも、コンスタントに勝ち点を重ねることができたことも要因としてあげられるだろう。

もしもこれを1年間通じて行ない勝ち点60を重ねていたならば、昨年の成績ではみれば3位レヴァークーゼンと同じ数字となるものの、おそらく最終節で勝利したとしてもヨーロッパリーグの出場権にも届かないと見られる。

なおそんな最終節にむけた練習で、クリストフ・クラマーや途中で中断するハプニングがあった。内転筋を痛めた模様だが、しかしながらまだ具体的な診断結果は明らかとなっておらず、出場にむけて暗雲が立ち込めているところだ。