ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月19日

エベールSD「3・4千万ユーロをつぎこむようなことはしない。」

Borussia Mönchengladbach
ボルシア・メンヒェングラードバッハ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今季最終節では、EL出場権獲得に一縷の望みをかけるボルシア・メンヒェングラードバッハ。果たしてマックス・エベールSDは来季にむけて、どのような補強プランを思い描いているのだろうか?

「3000万・4000万ユーロをつぎこむようなことはしない。」そう語った同氏は、「今夏に大金をはたくようなことはしない。国際大会での収入が見込めないだろうからね。生活にみあった暮らしをしていくべきだよ」と言葉を続けた。

「我々としては土台となる部分をさらに安定させ、そして若く意欲的で、伸びしろをもった選手を付け足していくということ。それがこのクラブにとってのベストの答えなんだ。ただ選手によっては、シャカのように時間をようすることもあるがね。ただ我々としては、この道をこのまま突き進んでいくよ。」

なおグラードバッハでは現在、フライブルクのヴィンセンツォ・グリフォや、YBベルンのデニス・ザカリアへの関心が伝えられているが、「若く興味深い、うちで次のキャリアへとステップアップしたいという選手を獲得したいんだ。そしてできれば次の移籍の際に多額の移籍金も手にできるといいね。」とエベールしは語っている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報